編集中

TwiiterOauthでのセッション

アカウント作成にTwitterのOauthを実装します。

TwiiterでDeveloperのアカウントを作成します。

Oauthアプリを作成します。

.bash_pofileに環境変数として、Consumer API keysとcallback URLをexport文で末尾に追記します。

export TWITTER_CONSUMER_KEY=*********************(API key)
export TWITTER_CONSUMER_SECRET=****************** (API secret key)
export TWITTER_CALLBACK_URL=https://認証に成功した場合に表示させるURL

connect-mongoを導入します。

sudo npm i connect-mongo –save

 

コメントを残す